病気になることは意味がある!?

こんにちは!

TAKASAGOナーブの小池逸太です!

今日は、「病気になることは意味がある」について。

病気になることって必ず原因があります。

中には原因が解明されていないものもありますが、

ほとんどの病気は必ずなる理由というのがあるのです。

今の時代、風邪を引くだけで悪者扱いです。

その人がバイ菌となり、周囲の人を巻き込んでいる

といった風潮になりました。

これは今の世の中がそうさせました。

後はCMですね。

「効いたよね♪はやめの○○○ン♪」

これでは、相手側の思うつぼです。

これにより、「早いうちに薬飲まなきゃ」

「ひどくならないうちに病院に行かなきゃ」

という流れになりました。

「え?それが正しいのではないの?」

とあなたは思うかもしれません。

しかし、そうではありません。

人は野生動物から学ぶ➁でも伝えていますが、

野生動物は病気になると寝て治します。

そして、睡眠こそ名医だともお伝えしました。

自戒をこめて言いますが、

睡眠は疎かにしてはいけません。

睡眠に関しても今後記事にする予定です。

話が飛んだので元に戻りますが、

『症状が出たら、それを敵とみなして消すこと』

これが今の医療の主流のやり方です。

まずはからだの声に耳を傾けましょう。

そういった点も含め、病気になることは意味があります。

からだの声を無視し続けていると、

いつかしっぺ返しがきます。

では、一般的に言われている症状について

鼻水・くしゃみ・咳・熱ですが、

これらの症状が出たら、それを抑えようと薬を処方されます。

しかし、先ほど説明したように症状には「意味」があります。

鼻水:粘膜に着いた病原体や花粉などの異物の排出

くしゃみ:鼻水と同じで、異物を体外に出す反応

咳:鼻水とくしゃみ同様、気道に侵入した異物を追い出す

→この機能が落ちることで誤嚥性肺炎になる

熱:体温を上げて、免疫を上げる反応

→要するに、熱を出して病原体など倒そうとする

簡単に説明しましたが、ざっとこんな感じです。

熱が出ると食欲がなくなり、からだが怠くなりませんか?

消化にもエネルギーを使います。

そうなると消化するために余計なエネルギーを使ってしまいます。

そして、肝心な病原体を倒すためにエネルギーを使えません。

そのため、食べないことで病原体を倒すために全力を出せます。

そして熱が出た時、からだがだるくなります。

熱とからだのだるさはハッピーセットです。

これも、人は野生動物から学ぶ➁でお伝えしましたが、

からだを休ませるための反応なのです。

だいたい理解していただけましたか?

病気になることは意味があります。

からだは間違えません

僕の言っていることが信じれないという方は、

ご自身でも色々と調べてみてくださいね。

情報社会となりました。

情報は自分で手に入れることができる時代です。

テレビやCMだけに惑わされず、

自分の目で見て、調べて判断をしてくださいね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

■TAKASAGOナーブは2021年秋にオープン予定です。

ただいま開業に向けて準備をしております。

ホームページはこちら

■TAKASAGOナーブ公式LINE

公式LINE登録はこちらから

公式LINEでは身体に関する相談など受け付けています。

■TAKASAGOナーブInstagram

Instagramのフォローはこちらから

■TAKASAGOナーブFacebook

Facebookページはこちらから

■TAKASAGOナーブTwitter

Twitterのフォローはこちらから

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる