「それでも、強い刺激の方が好き!」

こんばんは!

TAKASAGOナーブの小池逸太です!

前に優しく触れることについて記事にしました。

→思い出してほしい、優しく触れること

優しい刺激が心にもからだにもいいのは確かです。

日常生活で強い刺激で人とコミュニケーションを

とる場面なんてほとんどないと思うんです。

(ほとんどというかゼロに等しい)

それでもあなたは、

「コミュニケーションとマッサージは別」

と思うかもしれません。

そう思うならそう思っていただいて構いません。

こちら側の考えを強要するつもりはありません。

でも触れることって、ただ触れるだけではありません。

え?となりますよね。

触れるという行為も一つのコミュニケーションなのです。

触れ合う身体的接触という行為は、コミュニケーションなのです。

例えば、ハグという行為一つをとっても、

「頼りにして」というよりハグする方が伝わるし、

「頼りにして」+ハグの方がより伝わります。

それだけで信頼関係は生まれます。

ストレスホルモンの分泌も抑制され、

ストレスも減ります。

などなど健康にもいい効果があります。

思っている以上に触れることって、

大切なんですよね。

最近、身をもって感じています。

病院で働いている時は、

正直、触れることがそこまで大切だとは、

思っていませんでした。

いや、大切だということはわかっていたんです。

でも曖昧で薄っぺらい考えでいました。

何かと物事を考える時は、

本質をつくところまで考えた方がいいですね。

病院で働いていた時は、それを伝えれず、

何回も何回も患者さんに、

「強くして!」と言われたことか・・・(笑)。

それでも人それぞれの考え方があります。

そこはその方の考えを尊重します。

人は否定されることを嫌うので。

でも、「これはこう言われているけど、実は~」

と反対の意見も伝えていこうかなとは思います。

それもあり、このブログを始めたので。

「それでも、強い刺激の方がいい!」と言われました。

その時は「なんでわかってくれへんねん!」

と心の中でカンカンに怒っていました (笑)。

しかし、僕の意見を聞いたうえで判断をして、

「私は強い刺激の方が好き」と判断をしたなら、

それはそれで別にいいかなと思いました。

あくまで主役は患者さんですし。

しかし僕は強いマッサージが、

ダメだと知っておきながらも患者さんに、

提供はしたくありません。

例えそれを患者さんが求めていた場合でもです。

僕はこれに罪悪感を覚えます。

それで何か月、何十年も整体や整骨院を、

転々としている方を見てきました。

そういった方が少なくともいることは事実です。

そういった方のお役に立ちたい!

これが僕の思いです。

長くなりましたが、考えは人それぞれです。

しかし、触れることはただ触れるだけではなく、

触れる行為一つをとっても、意味がある行為。

それがコミュニケーションであるということは、

忘れないでくださいね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

■TAKASAGOナーブは2021年秋にオープン予定です。

 ただいま開業に向けて準備をしております。

 ホームページはこちら

■TAKASAGOナーブ公式LINE

 公式LINE登録はこちらから

 公式LINEでは身体に関する相談など受け付けています。

■TAKASAGOナーブInstagram

 Instagramのフォローはこちらから

■TAKASAGOナーブFacebook

 Facebookページはこちらから

■TAKASAGOナーブTwitter

 Twitterのフォローはこちらから

各SNSでは健康情報を発信しています。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる