痛いマッサージは正しい?

こんにちは!

TAKASAGOナーブの小池です。

今日は「痛いマッサージは正しいか?」についてです。

世間で流行っている痛いマッサージ。

病院で勤務していた時は、他の理学療法士が患者さんに、

「強くして!」と求められているところをずっと見てきました。

ちなみに僕も、よく求められていたうちの一人です。

いやいや強いマッサージをしていました。

「あんた弱いわ!!」ともたくさん言われてきました (笑)。

そんな中、個人的には「痛いところに痛いことをする・・・?」

「これって正しいの?」と疑問に思っていました。

「痛いところに痛いことをして痛みを消す」

どう考えても、スッキリしませんでした (笑)。

「押す力が弱い!」と何度も言われてきましたが、

これは押す力以前の問題だろう・・・と。

そして、調べてわかったことは、

痛いマッサージは正しくない」ということ。

とは言ったものの完全に否定する気はないですが、

場合によっては新たな症状を作る危険性があります。

でも痛いマッサージで満足するなら、それはそれでいいと思います。

しかし、それで満足した人は少ないのではないでしょうか?

結論、症状の解決にはつながらないことがほとんどです。

「痛いところに痛いことをして痛みを消す」

まず、この考えが矛盾しています。

今回はそれを知っていただけたらなと思います。

痛いマッサージによりどんな影響を及ぼすか。

それは明日説明したいと思います♪

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

■TAKASAGOナーブは2021年秋にオープン予定です。

 ただいま開業に向けて準備をしております。

 ホームページはこちら

■TAKASAGOナーブ公式LINE

公式LINE登録はこちらから

公式LINEでは身体に関する相談など受け付けています。

■TAKASAGOナーブInstagram

Instagramのフォローはこちらから

■TAKASAGOナーブFacebook

Facebookページはこちらから

■TAKASAGOナーブTwitter

Twitterのフォローはこちらから

各SNSでは健康情報を発信しています。

いいね!とフォロー随時お待ちしています。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる