痛いマッサージから始まる無限ループ ~こりについて~

こんにちは!

TAKASAGOナーブの小池逸太です!

久しぶりのブログ更新となります。

最近は店の準備や色々とやることがあり、

ブログが全然更新できていない状況でした。

今日の記事は「凝り」についてです。

前回の記事をまだ読んでいない人は、是非目を通してください!

痛いマッサージは正しい?

揉み返しは好転反応ではない?

DNICについて

さて、「凝り」についてですが、

美容院で「肩凝っていますね~」と

言われたことはありませんか?

そして、凝っている肩を揉まれますよね。

何だか、凝りをぼぐさないといけない!

と悪物扱いをされている印象ですが、

果たして、本当に凝りは悪いのでしょうか?

結論を先に言うと、凝りは悪者ではありません

そして、無理にほぐす必要もありません

無理にほぐそうとした結果、

無限ループにもつながる可能性もあります

まず、自覚症状がないなら気にする必要はありません

美容院で初めて言われて自分が凝っていることを、

知る方がほとんどだと思います。

この凝りですが、相手の触り方が原因になる場合もありまして、

前回の記事でも説明しましたが、

いきなり知らない人に話しかけられたり、

知らない人に肩トントンとされると、ビックリして身体に力が入ると思います。

その原理と同じで、いきなり触られたり、くすぐったいと思ったり、

雑に触れられると身体は警戒するので、力が入ります。

これが無意識的に、凝りを起こしている可能性もあるのです。

そのため、良かれと思ってマッサージをすることで、

逆に凝りを助長してしまいます

また、生理学的な観点で言うと、

凝りをほぐすのに強いマッサージをする

→グリグリと強く押された組織は傷む

 (皮膚や神経、筋肉、血管などの組織)

組織損傷を起こす

→治そうとするため炎症が起こる

→治る過程で、瘢痕化・線維化を起こす

結果的に線維化すると、組織の伸び縮みができなくなります

つまり、硬くなるのです。

そして、皮膚とかの機能やパフォーマンスまで落ちます。

そして、その線維化して硬くなった組織を、

凝りと勘違いして、またほぐそうとすると・・・

もう言わなくても、お分かりだと思いますが、無限ループです。

また、痛いことをするだけで、脳にはその痛みが記憶されます。

まとめると↓

1.硬くなっているところをグリグリとマッサージ

2.患者さんは「痛い・強い」と身体に力が入る

3.力が入ることで身体は緊張するため、マッサージされている部位が硬くなる

4.それを凝りと勘違いして、ほぐそうとする

5.組織損傷、治癒過程で更に硬くなる

こういった流れになるのです。

1から5へ、そして5からまた1へ戻るという無限ループです。

こういったリスクもある点から強いマッサージは

オススメしません。

みなさんも注意してくださいね!

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

■TAKASAGOナーブは2021年秋にオープン予定です。

 ただいま開業に向けて準備をしております。

 ホームページはこちら

■TAKASAGOナーブ公式LINE

公式LINE登録はこちらから

公式LINEでは身体に関する相談など受け付けています。

■TAKASAGOナーブInstagram

Instagramのフォローはこちらから

■TAKASAGOナーブFacebook

Facebookページはこちらから

■TAKASAGOナーブTwitter

Twitterのフォローはこちらから

各SNSでは健康情報を発信しています。

いいね!とフォロー随時お待ちしています。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる