僕とDNMの出会い

こんにちは!

今回の記事はDNMとの出会いを書いていきたいと思います。

「健康情報じゃないのか・・・」と感じるかもしれませんが、

どうかお付き合いください (笑)。

でも健康情報とかを発信する前にまずは僕のストーリーを知ってほしいと思います。

僕にとってDNMとの出会いは人生の転機

と言ってもいいくらい、見える景色も変わりました。

独立を決意した背景にもこのDNMとの出会いがありました。

西洋医学もそうですが、理学療法士として患者さんに行っている、

リハビリやマッサージなどの徒手療法に対しても疑問を抱いていました。

グリグリ押したりして痛い刺激を加えたりするマッサージや指圧、

痛い所まで伸ばすストレッチ、痛くなる所まで動かす運動などなど、

総まとめして‟痛い刺激”って体にいいのかな?

痛みを消すのに痛いことをするの!?と思っていました。

そして、

「筋力がなかったら本当に痛くなるの?」

「姿勢が悪いと本当に体って痛くなるの?」

「関節が変形したら痛くなるの?」

「歪みって何じゃい!」

など言い出したらキリがないですが、

これらの事を感じるようになりました。

もしかしたら、この記事を読んでいるあなたも以前は僕と同じで、

「本当に?」と感じることもあったかもしれません。

中には「これ近くのお医者さんに言われたことがある!」

「友達に言われたことがある!」

「この前まで行っていたもみほぐしでグリグリされた!」

「痛い所までめっちゃ伸ばされたことある!」

と言った経験を過去にされたことがあるかもしれません。

そんな疑問を解決するために、

僕はDNMの講習を受けようと決意しました!

そしてDNMの講習を受けて、

・痛い刺激は体に良くない

・人にとっていい刺激は「心地いい・優しい刺激」

・痛みを伝えるのは筋肉でもなく神経

・クライアントの感覚を大切にする

などこれはほんの一部ですが開いた口が塞がらないほど、

むしろ塞がらないどころかアゴが外れるほどの勢いの学びがあり、

徒手療法に対する見方と考え方が180度と言っていいほど変わりました。

と同時に痛いマッサージを以前まで患者さんにしていたので、

それに対しても罪悪感を感じてしまいましたが・・・

と過去は振り返っても戻ってこないのでこれからは、

クライアントさんにとって役に立てるように頑張ろうと誓いました!

決して全ての徒手療法を否定するわけではないですが、

最新の科学的に基づいている徒手療法はDNMだと僕は思っています。

DNMは2005年にカナダのDiane Jacobs(ダイアンジェイコブス)さん

という女性の理学療法士の方が開発しました。

歴史はまだ浅いですが、今後必要とされる徒手療法だと思います。

そんなDNMの素晴らしさをあなたにも届けられるように僕も頑張ります!

以上、僕とDNMの出会いについてでした!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

■TAKASAGOナーブは2021年秋にオープン予定です。

 ただいま開業に向けて準備をしております。

 ホームページはこちら

■TAKASAGOナーブ公式LINE

公式LINE登録はこちらから

公式LINEでは身体に関する相談など受け付けています。

■TAKASAGOナーブInstagram

Instagramのフォローはこちらから

■TAKASAGOナーブFacebook

Facebookページはこちらから

■TAKASAGOナーブTwitter

Twitterのフォローはこちらから

各SNSでは健康情報を発信しています。

いいね!とフォロー随時お待ちしています。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる