痛いマッサージから始まる無限ループ ~DNICについて~

こんばんは!

TAKASAGOナーブの小池逸太です!

本日は痛いマッサージから始まる無限ループについて書きたいと思います。

前回の記事をまだ読んでいない人は、是非目を通してください!

痛いマッサージは正しい?

揉み返しは好転反応ではない?

さて、自分で言うのも恥ずかしいですが、

なかなかキャッチャーなタイトルになりましたね (笑)。

しかし、僕が病院で勤務している時、実際にこの目で見てきました。

痛いマッサージをされている方はほとんどの方がずっとリハビリに通っています。

「今日もこってるわ!強くマッサージして!」の繰り返し。

では、なぜ強いマッサージが無限ループを生み出すか。

まず、過去の記事でも書きましたが、

大前提として、痛いところに痛いことをすること自体が間違っています。

「痛いところに痛いことをして痛みを消す」

これは、DNIC広汎性侵害抑制調節)というメカニズムです。

身体で同時に二つの場所が痛いと感じることはないはずです。

そんなDNICについて説明します。

例えば、道で転んで右肩と右膝を強打したとします。

この時に、右肩の方が右膝より痛ければ、

右肩に痛みが集中するために、右膝に痛みは感じなくなります。

そして、右肩の痛みが治まると思い出したかのように

右膝に痛みを感じるようになります。

怪我をした部位は別ですが、僕の父親がそうでした。

これがDNICのメカニズムです。

つまり、痛みを痛みで誤魔化すということになります。

強いマッサージにより、DNICでの痛みを和らげる鎮痛効果が発揮されます。

鎮痛効果は一時的であると言われています。

これに関しては痛いことをして痛みを消すため、

痛みの根本的な解決にならないです。

そして、痛みを加えることで身体は警戒するため余計に力が入ります

あなたも、いきなり知らない人に話しかけられたり、

知らない人に肩トントンとされると、ビックリして身体に力が入りませんか?

その時、身体は警戒して緊張しているのです。

そして、痛みを加えることで脳に痛みが記憶されます

例えば、いつも通る道の曲がり角を曲がった時に事故をしたとします。

もう一度、その道を通る時何となく警戒すると思います。

「また、ここで事故をしたらどうしよう・・・」と。

それと同じメカニズムが痛いマッサージをすることで起こります。

つまり、「また痛いことをされたらどうしよう」と身体が警戒するようになるのです。

このように神経系のメカニズムを含めて考えるとデメリットの方が大きいです。

まとめると、

  • DNICは「痛みを痛みで誤魔化す」
  • 痛いマッサージによる効果は一定的
  • 「痛み」が脳に記憶される
  • それにより、身体が警戒するようになる

こういった点からDNICは痛みの解決にはつながらず、

新しい痛みを作る可能性があります。

次は「こり」について書きますね♪

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

■TAKASAGOナーブは2021年秋にオープン予定です。

 ただいま開業に向けて準備をしております。

 ホームページはこちら

■TAKASAGOナーブ公式LINE

公式LINE登録はこちらから

公式LINEでは身体に関する相談など受け付けています。

■TAKASAGOナーブInstagram

Instagramのフォローはこちらから

■TAKASAGOナーブFacebook

Facebookページはこちらから

■TAKASAGOナーブTwitter

Twitterのフォローはこちらから

各SNSでは健康情報を発信しています。

いいね!とフォロー随時お待ちしています。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

目次
閉じる