DNMアプローチについて

皮膚に触れて”変わるきっかけ”を与えるのがDNMアプローチ

カナダの女性理学療法士であるDiane Jacobsが、最新の神経科学と疼痛科学をベースに開発した徒手療法がDNM/Dermo Neuro Modulatingです。

Diane Jacobs

Dermo=皮膚、Neuro=神経、Modulating=変化、つまり皮膚から神経系を変化させるということ。

Diane女史は50年近くに及ぶ理学療法の経験から、筋骨格という組織ではなく、脳を含めた神経系こそが慢性疼痛にとってとても重要という事に気がつきました。

そして、触れるということは皮膚の神経へ影響を与えることだとの考えから、2005年にDNMを開発しました。

DNMの7つの特徴

  1. 最新のペインサイエンスに基づく
  2. 痛みをできるだけ与えない
  3. クライアントの感覚を大切にする
  4. 心地よいという感覚を大切にする
  5. Less is moreに神経系全体へフォーカスを向ける
  6. 皮神経と末梢神経の血流を促す。
  7. 変化するまで静かに待つ、優しいアプローチ。

Concept

最新のペインサイエンスをベースにしているので、痛い事や不快な事は一切行いません。
それは“あなたの感覚”を1番大切にしているからです。

痛みを与える事は症状の解決には繋がりません。
痛みを痛みで消して誤魔化しているだけであり、時間が経てば痛みが戻る事がほとんどです。そのため痛みを繰り返すと言う悪循環が生じます。

神経系にとって1番いい刺激は、あなたにとって“優しい・心地いい刺激”です。

DNMは一度の施術で症状を完璧に改善させる事を目的としていません。

症状の改善は人によって様々です。
すぐ良くなる方、何ヶ月もかけて改善する方もいます。
これは痛みの感じ方、捉え方が人によって違っているためでもあります。
そのため痛みはその人にしか感じられない、その人以外の誰にもわかりません。
痛みはその人のものです。あなたの痛みを否定しません。
DNMはその感覚を大切にしています。

あなたを筋肉・関節など、「組織」としてみているのではなく、“あなたと言う1人の「人」”としてみます。

詳しくDNM施術について知りたい方はお問い合わせよりご連絡お願いたします。